風俗営業に必要な法律を知る

風俗営業するために知らなければいけない法律

風営法とは何か

風俗営業をする前に、まず風俗営業と言うものがどの様な物なのかを知る必要があります。
風俗営業と聞くと『性風俗』を思い浮かべてしまう方が多くいらっしゃるかもしれませんが、ゲームセンターやパチンコ店のような娯楽施設も立派な風俗営業に分類します。
さらに、キャバクラやホストなんかも同じ風俗営業に分類されます。
風俗営業とは、お客に飲食、遊興、射幸的遊戯をさせる営業の総称の事をいいます。
風俗と聞くと性風俗店をイメージしてしまうのは、マスコミの影響などがあると言われています。
上で紹介した様な風俗営業のお店を規制する為に作られた法律が『風営法』と呼ばれるものです。
この風営法と言う法律に従って風俗営業をしていく事が風俗営業をしていくうえで前提になってきます。
この法律に背くようなことがあれば、もちろん営業等することはできません!
その他にも、風俗営業をする上で営業の許可を取る必要もあります。
他のお店などと同様に、風俗営業をするまでには整えなければいけない環境。
知るべき法律。
得るべき許可。
この様に、必要な準備があり、この条件をクリアして、さらに継続して守り続けることで、風俗営業をする事が出来、その中で利益を出すための努力をしていかなくてないけないのです。
風俗営業だけではありませんが、お店を営業していく事は大変だという事は念頭に置いておいてください。
そしてここから、風俗営業に関わるうえで知っておかなければいけない法律、風営法と営業にあたって必要な許可のあたりのもう少し踏み込んだ話をしていこうと思います。

おすすめリンク

広島でレベルの高いキャバ嬢

広島には沢山のキャバクラ店が在りますよね。その中でもキャバ嬢のレベルが高い店舗を探していきましょう。

風俗営業に必要な法律

風俗店を営業する際に必ず関わってくる法律があります。 それが『風営法』と呼ばれる物です。 正式には、『風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律』という長い名称があります。 これを短くして『風営法』と呼んでいます。 それでは、そもそも『風営法』がどの様な法律なのかを考えていきましょう。

風俗営業許可証

風俗営業だけに関わらほとんどのお店が営業許可証が必要です。 そして、風俗営業のお店は、『風俗営業許可証』(届出証)がお店の、目のつきやすい場所場所に掲示されている必要があります。 そしてこの許可証は警察に届出を出し、『営業していいですよ』と、認可が下りることで、手に入れることができますが。

お店が守らなければいけない事

風俗営業の許可も取れて、営業を始めてからも、お店としても守らなければいけない事も数多くあります。 許可が取れても、営業していく中で守れていない決まりごとが見つかれば、注意や営業停止などの対象になります。 お店を続けていくという事は、何のお店にしても簡単なものでは無いのです。