>

風営法とは

風営法とは風俗営業をする上で守らなければいけない法律です。
そして内容としては、営業時間、営業場所、18歳未満の青少年の立ち入りなどの規制をすることで、風俗営業の適正化を図ることが目的です。
では、なぜ風俗営業に規制を設けなければいけないのか。
風俗営業と呼ばれる物をいくつか挙げてみましょう。
パチンコ、ゲームセンター、キャバクラ、ホストクラブ、などが挙げられます。
見ると、営業せずとも日常生活にほとんど支障は無いかと思われます。
しかし、まじめに仕事をし、家に帰って寝る、それだけの生活では息が詰まってしまいませんか?
そんな時、上のお店に助けられている大人はたくさん居るでしょう。
しかし、パチンコ店が、ゲームセンターが民家のすぐ隣にあったら、うるさくて迷惑に思われる方もいます、そうなると問題の原因になってしまうかもしれません。
そんな問題を少しでも無くせるようにという事で考えられたのが『風営法』です。


風営法の種類

風営法と言っても、風俗営業にもいくつか区分がありその区分によってまた風営法の規制の仕方が変わってきます。
キャバクラやホストクラブ、パチンコ、ゲームセンターなどは『風俗営業』です。
ソープランド、ファッションヘルスなど性的サービスが行われるお店、ラブホテルなどは『性風俗関連特殊営業』となり。
クラブやライブハウス、スポーツバーなどは『特定遊興飲食店営業』となり。
バーやスナック、ダーツバーなどは『酒類提供飲食店営業』となります。
その他にもいくつかありますが、上の物が代表的なものになるかと思います。
上で挙げた物でも規制の内容などは違ってくるので、自分がどの様なお店を営業していきたいのかで調べる内容も変わってきてしまいます。
この様にいくつかある物を総称して『風営法』と呼ばれています。


風俗営業に必要な法律

この記事をシェアする